ペイモビズ

インプットだけで終わりにしない。参加者目線で考えた『HRマーケティングゼミ』

インプットだけで終わりにしない。参加者目線で考えた『HRマーケティングゼミ』

今回は、複業研究家やHRマーケターとして多方面でご活躍されている西村創一郎さんと、西村さんが代表取締役を務められている株式会社HARESの1人目社員で、HRマーケターのマリノ五木田梨絵さんのお二人が主催される「HRマーケティングゼミ」についてのインタビューをお届けします。

まずはマリノ五木田梨絵さんのインタビューです。

 

-「HRマーケティング」という領域をご存知ない方もいらっしゃるかと思うので、あらためて教えていただけますでしょうか?

マリノ五木田梨絵さん(以下マリノさん)はい。
の名の通り「マーケティングの思考を、企業のHR(採用や組織設計など)の領域で取り入れよう」というものです。

マーケティングと言っても幅広いですが、企業の認知、選考、入社、活躍、エンゲージメントの構築、退職後の良好な関係継続…という採用活動の一連の流れにおいて、マーケティングでよく用いられるフレームワークや考え方を応用して、より効果的な戦略や施策を立てたり、的確なKPIを立てて効果検証するための考え方です。

会社からの一方通行の視点ではなく、候補者や社員の視点に立って考えることが基本になるので、企業やHR担当者だけでなく、候補者や社員にとっても、その選考フローや入社後の体験において幸せになるような考え方だと思っています。

 

-『ユーザー視点』を候補者や社員に置き換えて、HR領域で会社に従事する人もマーケターの視点をもって行動しよう、ということですね。
マリノさんご自身もHR領域でキャリアを積まれたのでしょうか?

マリノさんいいえ、新卒でナイル株式会社に入り、コンテンツマーケティングやSEOのコンサルティングを4年ほど担当していました。

その後、社長室に移動し、採用広報としてオウンドメディア『ナイルのかだん』の運営を行なっていました。
そこで
マーケ時代に使っていた考え方がすごく活かせたんです。

 

-領域の掛け合わせで新しい価値を生み出していかれたのですね。
西村さんと出会われたのもその頃でしょうか?

西村創一郎さん(以下西村さん)そうですね。

僕自身、HR領域のマーケターとして様々な企業のオウンドメディアをウォッチしているのですが、中でも『ナイルのかだん』は圧倒的に優れていたので、NewsPickrs や Twitter で「良い! 良い!」と紹介していたら、マリノさんと繋がっていただけたという形です。

マリノさん:そのあと西村さんの複業をテーマにしたイベントに登壇者として声をかけてもらっていたのですが、会社として複業OKではあったものの、まだ自分の中でスタンスが決めきれていなくて(笑)

そのイベントは、いち参加者として参加させてもらったのですが、そのイベントが終わってからも「一緒に何かやりましょう」と声をかけてもらって、今回の「HRマーケティング入門ゼミが立ち上がりました。

 

-『入門ゼミ』ということは、人事領域で活躍されている方を対象としたマーケティングの初級講座、ということですよね。
アイデアから開催まで、どのくらいの準備期間があったのでしょうか。

マリノさん:「ゼミをやろう」というお話が出てから、10日で告知を始め、告知から2周間後には講座を開始していました。募集を開始して半日ほどでほぼ定員に達しました。

 

-アイデアから開催まで、1ヶ月もかかっていないんですね。ものすごいスピード感です!
プログラムを組む上で工夫されたことなどありましたら教えてください。

マリノさん参加者さんのマーケティングに対する知識レベルがどのくらいなのか、またどのようなことに悩んでいるのかが最初はわからなかったので、参加者が決定したタイミングでアンケートを取りました。

そこで出てきた内容はできるだけ講座の中に取り入れています。

 

-受講型というよりは、かなり参加型のインタラクティブな会なのですね。
すでに全5回のゼミを第2期まで終えられていますが、特に盛り上がったプログラムや手応えなどありましたら教えてください。

マリノさん:そうですね。
オフライン・オンラインどちらの参加もあったので進行が難しい面もありましたが、インタラクティブ性にはこだわりました。
なので、ゼミで紹介したフォーマットを使って、参加者の方が自主的に経営陣の方と話をして実践してきてくれたり、ゼミが終わったあとも自ら実践の進捗報告をしてくれていたり、かなり熱量の高い方が多いです。第2期生は、ゼミの最終回が終わった後に受講生自らが「成果発表会の続きをしよう!」とみんなに声をかけ、オフ会を企画をしてくれています。
ゼミの場でインプットだけをして終わりにしたくない」と思っていたので嬉しいですね。

盛り上がったプログラムは第1期で言うと、ferretの飯髙さんと西村さんとのトークセッションです。
マーケター視点でのHR、採用オウンドメディア、人事のスキルや今後についてざっくばらんにお話いただきました。

オンラインはFacebookの限定グループを作りライブ配信をしました。基本的にはコメントのみで参加してもらったのですが、かなり盛り上げてくださって、「一体感がある」と言ってもらえたのは嬉しかったです。

 

-参加者さんの熱量をあげられると、主催者さん側のモチベーションにも繋がり、良い循環が生まれそうですね!
西村さん、マリノさん、貴重なお話をありがとうございました。

 

・ ・ ・

 

ここからは、『HRマーケティングゼミ』第2期のトークセッションの様子をご紹介します。

第1期でも盛り上がったという西村さんとのトークセッションのお相手は、ベルフェイス株式会社 人事マネージャーの西島さん
『HRマーケティングゼミ』第1期生でもある西島さんと、同じ会社で働いていたこともある西村さんとの、実践知を交えた熱いセッションでした。

入社オンボーディングの大切さや、プロダクトブランディングとコーポレートの違いなど、トークセッションの内容に対して各参加者さんからの質問が活発に飛び出し、それぞれの会社規模や事業ドメインに寄り添ったディスカッションで活気溢れる時間でした。

 

これからセミナーを始めたいと考えている方、ぜひ参考にされてみてくださいね。

次回はHARES代表取締役であり、今月『複業の教科書』を出版された西村創一朗さんのインタビューをお届けします。どうぞお楽しみに!

 

今回取材にご協力いただいた方

◼️社名:株式会社HARES:

◼️URL: http://hares.jp/

「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」
“If you run after two hares you will catch either.”

仕事と育児。
本業と副業。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」的な二者択一の世界より、「二兎を追って二兎を得る」世の中の方が、ずっとワクワクする。

株式会社HARESは「二兎を追って二兎を得られる世の中」を目指します。

◼️西村創一朗さん
複業研究家/HRマーケター。元学生パパ。HARES代表取締役/ランサーズ株式会社 タレント社員。NPO法人ファザーリングジャパン理事。

Twitter: https://twitter.com/souta6954

note:https://note.mu/soutaros/n/n4958e784b199

◼️マリノ五木田梨絵さん
HRマーケター。10月でナイルを退職し、HARES(ヘアーズ)の第1号社員に。

Twitter:https://twitter.com/gokitarie

note:https://note.mu/gokitarie

・ ・ ・

◼️西島悠蔵さん
ベルフェイス株式会社にて、経営企画/人事/広報を担当。
元全日本空輸株式会社、リクルートキャリア キャリアアドバイザー。

Twitter:https://twitter.com/nishijimayuzo

note:https://note.mu/yuzonishijima

・ ・ ・

取材にご協力いただける店舗様、企業様を募集中です!

今後もペイモビズを導入している店舗様をブログで取り上げていきます。取材を受けていただける店舗様、企業様がいらっしゃいましたら、是非こちらからご連絡ください!

すでに導入済みの方でも、これから導入する!という方でも、どちらでもOKです。

決済サービス「paymo biz」

paymo biz(ペイモビズ)の利用はこちらから

ペイモビズ おためし期間は決済手数料0% まずは無料でスタート 詳しくチェック

 

■ Twitterにて使い方や最新情報を随時配信中!

Twitterにて最新情報配信中!ペイモビズ フォローする