オフィス訪問

ペイモガールがいく、オフィス訪問 〜株式会社ツクルバ編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のオフィス訪問は….なんと!
シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」やリノベーション住宅特化の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」などを展開する、実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する「場の発明カンパニー」株式会社ツクルバさんです!

実は、paymoの前のオフィスであるグッドモーニングビルもツクルバさんが手がけているんですよ!どんなオフィスなんでしょうか?楽しみですね!
ここからは、ペイモガールのかえでがツクルバさんのオフィスをご紹介していきます!


<ペイモガール紹介>
名前:かえで
オフィスを訪問をしていきながら、「ペイモチャージャー」を設置することがミッションです。

 


※ペイモチャージャーとは
毎日1回、専用 QRコードを読み取るだけでペイモ内で利用できるポイントをゲットできる仕組みです。

 

 

 

まずは、エントランスからみていきたいと思います!
黒板にツクルバさんのロゴが書かれています。とってもおしゃれです!

オフィスの入り口は、顔認証で入れる仕組みになっています。ハイテクです!
せっかくなのでやってみましたが、やっぱりはいれませんでした笑

エントランスを抜けるとおしゃれな下駄箱がありました。ツクルバさんは、メンバーがリラックスして働けるよう、フロアに無垢材のユカハリを敷き詰めており、入り口でスリッパに履き替えます。下駄箱にはメンバーそれぞれの名刺が貼ってあり、カラフルでとっても可愛いです!!

みなさん自分の名刺は自分自身でデザインしているそうで一枚一枚デザインが違います。「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」という会社のミッションになぞらえて、入社して一番最初にやるのが自分の「欲しい未来」を表すこのイラストを描くことなんだそうです!名刺の1枚1枚に、それぞれの想いが詰まっているなんて、とっても素敵ですね!

早速執務室にお邪魔していきたいと思います!執務室の中には本棚がありました!ツクルバさんの理念などが飾られています。

そのほかの本棚には…ツクルバさんの本「場のデザインを仕事にする: 建築×不動産×テクノロジーでつくる未来」が置いてありましたー!
共同代表のCEO村上さんと、CCO中村さんの共著であるこちらは、共同代表お二人の創業に至るまでのストーリーや、ツクルバが展開する事業のビジョン、組織作りにおけるポリシーなどを紹介しているそう。出版後、かなり反響があったそうで、この本をきっかけに求人応募された方も多数いらっしゃるとか・・!!(皆さんもぜひ読んでみてください!)

本棚の奥には、なんと和室がありました!くつろげそうな空間です。

ツクルバさんにはカフェスペースも!ここではコーヒー同好会のみなさんにおいしいコーヒーを淹れていただきました!!

コーヒー好きの有志の社員で活動しているコーヒー同好会では、日々のブレイクタイムにこだわりのコーヒーを淹れる他、なんとツクルバオリジナルブレンドの開発を手がけたそうです!すごいこだわり!メンバーの呼び名を文字ったロゴまで作成して、なかなか本格的です・・!

オフィスの一角に、レコードが飾られている棚を発見!
ツクルバさんでは、テクノロジーチームが開発にあたるプロジェクトに歴史的な名盤からとった名前をつけており、完了するとそのレコードを飾るのだそう!素敵!

その隣には、なんとVRブースが!初めての体験で緊張します。

壁には素敵な絵が飾られています。こちらは現在のオフィスに移転された際のお祝いにアーティストの方がライブペンディングで描いたものだそうです。

そして、こちらは、今年の新卒として入社したメンバーの方が書いたものだそう。
達筆ですね!!!

こんなものも発見しました!こちらの”発明酒場 フィーバー”と書かれた電飾スタンドは、イベント開催時に点灯するそうです。
細かいところまで、遊び心が詰まってます!ぜひイベントにもお邪魔させていただきたいですね。

10階にも打ち合わせスペースがあるとのことでお伺いしました!ツクルバさんマークがこんなところに!

中もすっきりとした会議室になっています。打ち合わせスペースがたくさんあって羨ましい!

そんなツクルバさんのオフィスでしたが、オフィス特徴や制度はどのようなものがあるのでしょうか?広報の小林さんに聞いてみました!

 

素敵なオフィスでしたが、オフィスのこだわり、工夫はどんなところにあるのでしょうか?

私たちが提供しているサービス上、建築設計を担当しているものがいたり、Webエンジニアがいたりと“クリエイター“という共通点があるものの、領域や共通言語の異なる人たちが肩を並べて働いています。また、サービス拡大に伴い人数も拡大時期でもあるため、メンバーの関係性が薄まらないようにしながら、相互の理解を深められるよう心がけています。そのためオフィス空間では、フィジカルに情報を得ることができるような工夫をいろんなところに埋め込んでいて、例えばプロジェクトボードなどは、あえて動線の中に設置し、ふとした時に情報が目に止まるような仕掛けをしています。あとは、会議室の名前は私たちの行動指針であるCREDOからとっており、理念の浸透にも一役買っていますね。

ツクルバさん独自の社内制度はあるのでしょうか?

毎月一定額、書籍を自由に購入してもいいという図書制度があります。選ぶ本は、業務に直接的な関わりがないものでももちろんOKで、知的好奇心がくすぐられる本に出会ったり、新しい発見があったりと、メンバーのインプットの機会を増やすことが目的です。また、本棚には会社で社員一人ひとりに本棚の一棚を渡しています。図書制度で買った本や、個人のお気に入りグッズなどを棚に置いておくことでメンバーそれぞれの趣味や今興味のあることなど、お互いの思考が見え、相互理解に繋がっていくと考えています。また、多くの本によって知識のシェアもできてますね!

あとは、フリーランチという制度があります。この制度は、チーム横断の交流を促進するため、会社が一定額ランチ代を支給するという制度です。フリーランチを通じて、普段業務では接しないメンバーと交流する時間を作ることで相互理解が深まり、新しいコラボレーションが生まれると考えています。普段はなかなか行けないようなちょっとお高めなお店で、上質な空間や、質の高いサービスに触れ、自分の仕事に生かして欲しいという狙いもあります。

それからツクルバでは、社内イベントがとても多いです。社内向けの勉強会やお楽しみイベントはもちろん、社外の方に解放しているイベントも多数開催しています。社外のコミュニティを含めた新たな出会いの機会をつくることで、様々なコラボレーションが生まれるきっかけができればと考えています。

どのような思いを持って入社される方が多いんでしょうか?

私たちはツクルバを「社会課題を発見して自らアクションする活動家集団である」と定義しています。だから、メンバーの一人ひとりは「活動家」でないといけないんです。なんだか言葉だけを見るとちょっと過激な感じがするかもしれませんけど、私たちが考える活動家は、「もっとこんな社会になればいいのに!」といった自分の想いに基づいて、小さくてもいいからアクションをし続けられる人のこと。なので、ツクルバに入るメンバーは、社会をよく見ていて、そのスケールはそれぞれですが、何かしら課題感を持っている。そして、その課題に対して同じようなまなざしを持った仲間と取り組んだ先に、もっと豊かな社会をつくっていきたい!という気概を持っていますね。

あとは、とってもエネルギー量が多いです。仕事も、好きなことも、日々の暮らしも、自分の人生を、めいっぱい楽しんでいる感じがします。私も日々そんなメンバーたちから刺激を受けています!

ちなみに社員の方はペイモをご利用されてますか?

ほとんどのメンバーがヘビーユーズしています!とても便利で、ありがたいです。
チャージャーが大活躍しそうですね!

ペイモチャージャーはカフェスペースに置かせていただきました!ぜひ毎日チャージしてくださいね♪

ツクルバさんは素敵なオフィスでしたね♪
ツクルバさんでは絶賛採用中とのことですのでぜひ興味ある方はご応募ください!
ツクルバさんの採用情報はこちら!⇒http://tsukuruba.com/careers/

Webエンジニア、デザイナー、アーキテクト、不動産エージェントなど、全方位積極採用中だそうです!!

ペイモチャージャーを置きたい!取材をお願いしたい企業さまはこちらより

ご応募ください!!

さて次のオフィス訪問はどこかな〜♪

ペイモのダウンロードはこちらより↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

App Store からダウンロード
Google Play で手に入れよう